未来の子どもたちが感エコうで過ごせる環境に

エコチル調査とは?

家族

妊娠初期からお子さんが生まれて13歳になるまで継続的に調査し、環境中の化学物質などが、子供の成長や発達にどのような影響を与えるのかを調べます。

10万組のお母さんと生まれてくる赤ちゃん、そしてお父さんに登録していただく、大規模な環境省の全国調査です。

2011年1月より全国各地で調査が始まり、日本全国で10万人、沖縄県では913人の妊婦を対象に調査を継続しています。

※2016年に宮古島市での参加人数が、目標人数の913人を達成しました。

家族

エコチル調査ってなに?

エコチル調査「子どもの健康と環境に関する全国調査」は、環境中の物質や生活環境などが子供の成長や健康に与える 影響を調べる調査です。

続きを読む
家族

なぜ調査が必要なの?

生活環境の中にある物質、生活習慣、遺伝的な性質が、子どもたちの成長や病気にどのような影響を与えるかを調べます。

続きを読む
家族

どんな調査をするの?

エコチル調査は専門の機関が赤ちゃんとお母さんの健康を第一に考えながら進めていきます。 子供達の未来のために、ご協力をお願いします。

続きを読む