なぜ調査が必要なの?

環境中の物質や生活習慣などと子どもの成長や病気との関係を調べます。
生活環境の中にある物質(空気や水の中の化学物質、食べ物の中の化学物質、ダニなどのアレルギー物質)、生活習慣(食事や運動など)、遺伝的な性質が、子どもたちの成長や病気にどのような影響を与えるかを調べます。

なぜ環境中の物質と子どもの成長を調べるのか
最近、ぜんそくや肥満、発達障害などの病気が増えていると言われています。ここ50年の科学や技術の急速な発達にともない、さまざまな化学物質が身の回りに増えましたが、それらの物質が、私たちに影響を及ぼしているのかどうかについてはまだ詳しくわかっていません。

なぜ子どもを調べるのか
子どもは成長段階にあり、身体ができあがっていないため、大人より化学物質の影響を受けやすいと考えられているからです。

研究成果は、子どもや次世代の人々が健やかに生活できる環境づくりに役立てます
病気の多くは、環境中の物質、生活習慣、遺伝的な性質などが関係しあって起こります。これらの関係を明らかにすることができれば、病気の予防に役立つ政策を立てたり、子どもが健やかに育つための環境を整備したりすることができます。

エコチル調査 ちゅらちるブログ 関係者向け掲示板
環境省 Japan Eco&Child Study 琉球大学 琉球大学医学部附属病院
関連分野(学内協力分野)へのリンク
訪問者数 人目