琉球大学(沖縄)サブユニットセンターの紹介

1)琉球大学の位置づけ(沖縄県における研究協力機関)
 「南九州・沖縄ユニット 琉球大学(沖縄)サブユニットセンター」
 ※全国15カ所のユニットセンターがあり、21の地域が調査地域として認定されています。琉球大学は、南九州・沖縄ユニットセンター(熊本大学をユニットセンターとし、宮崎大学・琉球大学の3大学で構成)に参加し、環境省より認定を受けています。

2)調査地域:宮古島市について
 沖縄県におきましては、宮古島市が調査地域として認定されており、平成23年2月1日より調査が開始しました。
 宮古島市に在住の妊婦さんと子どものお父さんを対象に調査協力者を募集しています。  

3)協力医療機関
 沖縄県立宮古病院
 〒906-0013
 沖縄県宮古島市平良字下里427-1
 TEL:代)0980-72-3151

 奥平産婦人科
 〒906-0013 沖縄県宮古島市平良字下里1259-4
 TEL:0980-72-3026 

4)管理責任者
 サブユニットセンター長:琉球大学大学院医学研究科衛生学・公衆衛生学講座 教授 青木 一雄

 地域責任者:琉球大学医学部附属病院 周産母子センター 診療教授 正本 仁

 地域責任者:琉球大学大学院医学研究科育成医学講座 准教授 知念 安紹

 リスク管理責任者:琉球大学大学院医学研究科衛生学・公衆衛生学講座 

          准教授 花城 和彦


       

エコチル調査 ちゅらちるブログ 関係者向け掲示板
環境省 Japan Eco&Child Study 琉球大学 琉球大学医学部附属病院
関連分野(学内協力分野)へのリンク
訪問者数 人目